×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

単元株制度とは


一定数の株式を1単元の株式として証券取引所での取引や議決権行使を単元単位で実施する制度のこと。発行企業が一定株数を自由に変えることができることが特徴。さらに、1単元に満たない場合は、単元未満株といわれ、議決権もありません。単位株制度は、単元株制度の導入に伴い廃止されました。

↓無料資料請求はここから。まずは資料を請求してみましょう!











株式取引や為替取引の基礎用語のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真