×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストキャスティクスとは


アメリカのチャート分析家のジャージ・レーン氏によって考え出されたもので、相場の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するオシレーター分析のひとつです。ストキャスティクスは高値・安値・終値の3種類を使って作成される。株価トレンドを判断するために、過去9日間における高値と安値に対して、終値がどのくらいの位置にあるかを数値化します。現在の株価が一定期間の最高値と最安値のレンジのなかで、どの程度の位置にいるかを0〜100%の数値で示しています。20〜30%以下が売られ過ぎ、70〜80%以上が買われ過ぎとされています。他のチャート分析手法と一緒に使うと効果がある。

↓無料資料請求はここから。まずは資料を請求してみましょう!











株式取引や為替取引の基礎用語のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真