×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

公開市場操作とは


中央銀行(日本においては日本銀行)が、金融市場で手形や国債などといったものを売買し、市の内に流通する通貨量(マネーサプライ)を調節すること。金融市場に出ている資金量は経済動向に大きな影響を与えるので、中央銀行が公開市場操作を執り行い、マネーサプライを調節して景気をある程度コントロールすることを目指します。日本銀行が公開市場操作で、金融市場で取引を行うことをオペレーションといいます。買いの際は「買いオペレーション」、売りの場合は「売りオペレーション」と呼ばれ、それぞれ「買いオペ」、「売りオペ」と端折られます。

↓無料資料請求はここから。まずは資料を請求してみましょう!











株式取引や為替取引の基礎用語のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真